fc2ブログ
アクセスカウンター
時事評論の言論空間 http://toposjijirev.blog.fc2.com/
 [MATHPHYS] https://toposmathrev.hatenablog.com/

6月10日 共謀罪  加計学園 政治希望 蛸壺文化 天皇元首 運送規制 成長戦略 米英政治 朝食抜き 苺の満月

【内容】
共謀罪  加計学園 政治希望 蛸壺文化 天皇元首
運送規制 成長戦略 米英政治 朝食抜き 苺の満月


「共謀罪への批判」
国連の報告者に対して日本政府は、感情的に抗議して逆ぎれするばかりだったと言います。(国連にも北朝鮮にも似たような敵対的な対応をしています。) 共謀罪については継続審議にして国会を閉じて、国連と日本政府が冷静になって議論したほうがよいように感じます。国連の指摘が間違いなのなら、どうしてなのかを、落ち着いて説明すべきなのだと思います。 共謀罪とは、何があっても強引に成立させたい感情的な法案のようです。□(6月9日)


「加計文書の調査」
前川氏に続き、現役の複数の職員も、総理の意向などと書かれた文書の存在を認めました。これによって、霞ヶ関に波紋が広がりました。また、記者会見では、内部告発を出所不明という理由で無視するのは、法律に違反するという指摘がありました。(6月8日) すると、政府の態度は一転して、やっと詳しく文書を調査するという判断になりました。(6月9日) とりあえず安心しました。うまく、問題の文書が出てくればよいと思います。また、官邸や総理は、その事実に誠実に対処してほしいと思います。□
「公募の現実」
獣医学部設置においては、公募といいながら、内閣府は今治市(加計学園)とだけ事前に連絡をとり調整をしており、京都府(京都産業大学)とは全く連絡をとっていなかったということです。これは不公平で卑怯としか言いようがありません。(毎日の記事のほうが詳しくてわかりやすく感じました。)□(6月9日)


【将来の政治への期待】
次の総理には、安保法案や9条改憲に消極的な人になってほしいと感じます。また企業献金は再び廃止してほしいと感じます。異次元の金融緩和も見直してほしいと感じます。無駄な公共事業はやめてほしいと感じます。先進国では最低の非正規労働者の待遇をより改善してほしいと感じます。商法や会社法を株式のためのものから社会全体のためのものに変えてほしいと感じます。子供や学生や老人など、様々な世代の貧困の問題に対処してほしいと思います。サービス残業やハラスメントなどの様々な問題の起きやすい日本の会社制度にも対処してほしいと思います。新卒一括採用、就職しないで就社する、という制度は疲労しているように感じます。□

「日本の蛸壺文化」
丸山真男は日本文化を蛸壺文化と評したと言います。日本人は、小さな同好会的グループを作るのが好きなように感じます。狭い価値観で固まってしまい、周囲の親切な助言を攻撃して進歩がない雰囲気を感じることがあります。道徳的倫理的に正しいかどうかより、人間どうしの好き嫌いが優先されるようです。 一方で、西洋文化は共通の根を持つささら型の文化だと丸山は言います。(金田一氏との関連)「ささら(竹冠に彫)→細い竹を束ねたもの」□(6月9日)
「日本語」やる気さえあれば、日本語では、いくらでも綺麗な表現ができる、という外国人がいます。□


「天皇元首案」
自民党は、天皇を元首にすることを考えているようです。しかしこれでは、天皇が総理大臣の上に立ち、総理に命令するような印象があります。天皇に行政権を持たせることは、やりすぎだと思います。皇太子も意見は言えないものの、戸惑っているものと想像します。天皇がさらに統帥権を持つと、軍部が天皇を利用して暴走することが心配になります。統帥権は純粋な文民の総理大臣が持つべきだと思います。□(6月9日)


「貨物運送業の規制緩和」(報道特集より)
貨物運送業を1990年頃に規制緩和してから、事業者の数は4万から6万に増えました。競争は激化して、高速料金を浮かすために一般道を使い、運転手は一層疲労します。仕事はきつくなり、賃金は減ります。(これでは何のために高価な高速道路を作ったのかわかりません。運送業だけ無料にしてもよいくらいです。)下請けは7次にもなることがあると言います。各下請けで少しずつピンはねして儲けています。 ドローン配達の規制緩和などとは違い、このような規制緩和では、過当競争によって業界が疲弊するだけだと思います。□(6月10日)

「新たな成長戦略」
政府は予算のかかることをたくさん打ち出しています。この中には、AI活用や自動運転の導入や、幼稚保育園から大学までの無償化、などがあります。(これは、意義のあることだとは思います。) しかし、財政規律は緩みます。黒字化目標をいつ先伸ばしするのかが焦点になっていると言います。 現在のような財政赤字の背景には、国際的な法人税の値下げ合戦があるように思います。世界の経済界全体が世界中の政府に、法人税を下げるようにと、おどしています。□(6月10日)


「米英の政治状況」
◇イギリスの世論が短期間で急に変わるとは思いませんでした。選挙前には保守党が歴史的な圧勝の予測だったものの、選挙中に首相の政策を嫌う人が増えたようです。与党は半数の325人を少し下回ってしまいました。首相はイギリス全体の意見を聞かざるをえません。これはある意味ではよいことだと思います。小選挙区制度の日本では、与党が強くなりすぎ、しかも総理総裁の力が強くなりすぎました。
◇一方でトランプ氏は、FBI長官を社長の部下のように扱っていたようです。どうも、立場を理解していないようです。トランプ氏は忠誠心(ロイォルティー)をFBI長官に要求し、自分の罪を調べないようにと、堂々と圧力をかけたようです。(お願いでも命令に聞こえます。少し笑い話のようにも思えます。) トランプ氏はいつも深く考えないで、直感や感情によって、大きな過激な命令をします。□(6月9日)


「中国の海洋進出」
アメリカの報告書によると中国は、南シナ海の3つの人工島で戦闘機の格納庫を作ったということです。また中国は、尖閣諸島に急襲作戦を仕掛けることを想定して、部隊育成を進めているということです。□ 現在は、北朝鮮のミサイル対応で防衛は大騒ぎですが、長期的には、尖閣諸島が大混乱する可能性があります。□(6月8日)


「朝食抜き」(声「学校から」より)
8歳で便秘になり保健室にいくという話がありました。朝食抜き(便秘予備軍)の児童が1割いると言います。朝食抜きでは、午前中は体調が悪く下校時に体調がいちばんよくなると言います。(きれる子供の原因にもなるかもしれません。) 学校で何をいかに教えるかより、家庭生活のほうが重要なのかもしれません。家庭での健康管理の重要性を強く感じます。□(6月10日)

「苺月の満月の兎の耳」
6月9日の月は、満月の中でも苺月(ストロベリームーン)というそうです。福岡では見えるものの東京では見えなかったと言います。 しかし、自分の場所でも無理かと思ったら見えました。 簡単なデジカメでも、自動設定にすると、ウサギの耳まで撮れました。ただしテレビの映像にはかないません。(デジタルズームも利用しました。三脚がなくても大丈夫でしたが、あればなおよいと思います。最近のカメラではISO1600くらいは平気で使え、以前には全く想像できないくらいです。)□(6月9日)
スポンサーサイト



Comment

Post Comment

非公開コメント

Latest posts