fc2ブログ
アクセスカウンター
時事評論の言論空間 http://toposjijirev.blog.fc2.com/
 [MATHPHYS] https://toposmathrev.hatenablog.com/

12月8日 総理言い逃れ 中東刺激混乱 北と韓国 F15迷走 NHK受信料 日本特許

【内容】
総理言い逃れ 中東刺激混乱 北と韓国 F15迷走 NHK受信料 日本特許


「総理の言い逃れと無反省」
会計検査院の指摘を受けて安倍総理はまず、自分のことを反省すべきなのだと思います。総理は、国の制度を見直すことに言及して、責任逃れをしているように感じます。
総理があまりにも愛国教育に熱心なために、森友学園を支援すれば、内閣人事局や総理からいやなことはされないだろうという意識はあったように感じます。 また総理には、総理夫人を通じて、役人に暗に圧力をかけている雰囲気さえあります。(総理夫人が真珠湾を訪問する動きと大統領の広島訪問が連携していたように感じました。)
問題は、国有財産の管理方法や来年度予算のくみかたではないと思います。総理自身と森友学園との関係を反省すべきなのだと思います。□(12月5日)
「説明と責任逃れ」
総理は、私は今国会で丁寧な説明をした、といいます。しかし実際には、責任逃れをしただけのような印象を受けます。以前に売却価格が適正だったと間違った答弁をしたのは、官僚の言うことを信じて発言しただけだというような言い分でした。□

「エルサレムの位置づけ」
トランプ氏は今まで、アメリカ大使館をエルサレムに移転する話をしてきました。これを実行すると、国際都市であるエルサレムをイスラエルの所有地であり首都であることを、間接的に認めることになります。これは、イスラム社会の反発を招き、中東情勢が不安定になると思います。 しかしトランプ氏は今回直接に、エルサレムをイスラエルの首都だと宣言してしまいました。(これは、中東情勢に悪い影響を与えるだけです。) トランプ氏と仲のよい日本も、さすがにここまではアメリカに同調できなかったようです。日米が百%、国際政治で一致するはずがありません。□ イスラエルの全ての願望が実現すると、世界に歪みが発生します。(自民党の全ての願望が実現すると日本に歪みが発生します。) 願望は、過度に実現させるべきではないと思います。□(12月6日)
「名誉による混乱」
トランプ氏は、自分の名誉欲のためだけに、発言行動しているようです。 エルサレムをイスラエルの首都と認めるのは、自分の業績を後世に残そうとする名誉欲からだと思います。しかしこれは、中東を戦乱状態にすると思います。□ ただこれは、トランプ氏の目を北朝鮮から中東に向かわせるのに役立つかもしれません。トランプ氏は北朝鮮にたいしてはかなり過剰反応だと思います。□
「エルサレム大使館移転」
トランプ氏の実現できそうな公約は、エルサレムへの大使館移転くらいしか残っていないようです。この実行は慎重に残しておいたと言います。これによって中東和平交渉が進むのではないかという意見もありますが、少々疑問だと思います。□ エルサレムは国際的な中立都市であり、だれも所有を主張しないことによって、中東の安定が保たれてきたのだと思います。□

「国連と北朝鮮の交渉」
国連事務次長が北朝鮮を12月5日~8日の予定で訪問しています。北朝鮮からの提案だと言うのには少々驚きです。トランプ氏の方針などによって、北朝鮮は、アメリカと直接交渉することは全く無理です。国連はアメリカよりだとは思いますが、問題の緩和に関して一縷の望みがあるかもしれません。□(12月6日)


「韓国の微妙な立場」
韓国は、北朝鮮(や中国)とアメリカとの板挟みになっているように感じます。同じ民族だから、本来は経済的援助はしたいのだと思います。また韓国は、日本より、より中国に近い位置にあります。 さらに、日本と対立していることを対外的に示せば北朝鮮や中国から攻撃される可能性が減ると思います。□(12月4日)
「中国」ちなみに中国は、いままで、北朝鮮を過度に刺激せず微妙な匙加減で外交してきたのだと思います。しかし現状では、アメリカがこれを台なしにしてしまっています。□

「松前小島での盗難」
無人島である松前小島の小屋の中の、テレビ,バイク,冷蔵庫,炊飯器,発電機が盗まれたようです。犯人は北朝鮮の漁船の可能性が高いようです。日本はしっかり抗議すべきだと思います。(このようなときに躊躇すると、相手はずにのると思います。)□(12月4日)

「F15の迷走」(風知草の要約)
トランプ氏も日本の民主党もF15への態度は一貫しません。 このようなステルス機は、敵地を攻撃する能力があります。これは憲法に反する可能性があるために、声高に主張できない事情があります。 また、対外有事の軍事援助とは、機密性の高い武器を売る代わりに、価格や支払い方法や納期などはアメリカの言うなりという契約です。これには、機密を理由のぼったくりの雰囲気もあります。日本は、このような条件でF15を買わなければなりません。 アメリカには、軍事産業をつぶさないで育成したいと言う気持ちが当然あります。 F15には多様な思惑がからんでいます。□(12月4日)


【NHK受信料の裁判】
「NHK判決の矛盾」
◇以前の最高裁判決というのは、5年以上遡って受信料を支払う必要はないというものでした。しかし今回は、設置時まで遡って支払うことになりました。支払い義務は個別の判決によるとはいえ、これはやりすぎだと思います。最高裁判決というのは、このように変わり易いのなら、威厳がなく、判決を守ろうという意志が減ると思います。
◇受信料の目的は、国からの独立と表現の自由だといいます。しかし、これほど矛盾した言い方はないと思います。政府自民党は非常に露骨にNHKや日銀や内閣法制局などの人事に介入しています。本来は介入してはいけないところに堂々と介入しています。いくら受信料を上げても、政府自民党の人事介入はなくならないと思います。□(12月7日)

◇「NHKの過酷な徴収」
3世代家族からも一人暮らしの老人や学生からも、同じ料金をNHKが徴収するというのは、やはり、やり過ぎで不自然だと思います。消滅時効によって、5年以上の視聴料は払う必要がないといいます。しかしNHKは、年金暮らしの老人に10年間の視聴料17万円を請求したといいます。□(12月4日)

◇「NHKの視聴料」
ケーブルテレビの場合には、NHKは事実上、有料放送のひとつだと思います。しかし、見たくない人にも放送は入ってきます。ケーブルテレビの放送局には、NHKを選択するような契約にしてほしいと感じます。□ ケーブルテレビがこれをしないのはNHKや政府の圧力だと思います。NHKを強制視聴させる政府は、国民の知らない権利を犯していると思います。□ 国は、NHKが映らないテレビを造ることも事実上禁止していると思います。これも似た問題を引き起こしています。□(12月7日)


「日本の特許の衰退」
◇日本の特許出願件数を1とすると、アメリカの件数は2であり、中国の件数は4にまでなります。このまま10年も経過すると、日本は逆に中国から訴えられるようになるかもしれません。
◇特許とは他人と違う斬新なことをすることです。しかし日本人は、和を重視し、みんなで仲良くレベルの低い似たことをする傾向があります。変わったことをすれば、周囲からたたかれ、組織にはいられなくなります。このような精神を改革しない限り、日本から斬新な技術は生まれ続けないと思います。□(12月7日)
スポンサーサイト



Comment

Post Comment

非公開コメント

Latest posts